水着の歴史

水着は160年ほど前のイギリスで誕生したといわれています。水泳がスポーツとして楽しまれるようになると、水泳専用の衣服として水着が作られました。水着が誕生する前は、下着や裸で水泳をするのが一般的だったので、誕生当初は画期的な衣服として驚かれたことでしょう。誕生当初の水着は露出度が低く、袖のあるトップスにひざ丈のボトムスがセットになった洋服に近いデザインでした。20世紀になると、徐々に水着は生地が薄く、表面積が小さくなっていきます。女性用のワンピース水着やビキニも誕生しました。

1950年頃になると、機能性を重視した水着が作られるようになりました。水の抵抗を減らし、水の中で体が動きやすいような水着が研究、開発されました。化学繊維が使われるようになり、ポリウレタンやポリエステルなどといった伸縮性の高い材質の水着が誕生しました。

現在では、水着は多様化していて、様々な形状やデザインのものが販売されています。競泳以外のスポーツ水着が作られたり、遊泳用水着は流行の影響を受けてシーズンごとに新しいデザインのものが登場したりしています。たくさんの人が様々な目的で水着を着用するので水着市場はどんどん拡大しています。

Copyright © 水着の種類や流行について, All rights reserved.