その他の水着について

水着には、競泳用と遊泳用の他に潜水用もあります。ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツを行う時には潜水用の水着を着用します。潜水用水着はウェットスーツやドライスーツと呼ばれ、長く海の中にいても体温が奪われないように保温性に優れています。

体を冷やさないように体に密着するように作られているので、夏以外でも海に潜ることができます。遊泳用水着や競泳水着を下に着用してから、潜水用水着を着用することもあります。ウェットスーツを着ていると中に熱がこもるので、水温が高い海に潜る際は、ウェットスーツではなくスキンスーツなどがおすすめです。

その他、水着と併せてラッシュガードを着用する人も多いです。ラッシュガードは、様々な外的要因から肌を守るための衣服で、最近では紫外線対策として使用されることが多いので、長袖で体にしっかりフィットするデザインのものが多いです。低温を防ぐために使用する場合は、ウェットスーツの内側に着用すると効果的です。ラッシュガードはトップスだけでなく、ボトムスもあります。スイムトレンカやスイムレギンスなどは下半身を紫外線や低温から守ります。保温性の高いボトムス用のラッシュガードは、ウェットインナーと呼ばれ、トップスと同じくウェットスーツの内側に着用すると効果的です。

Copyright © 水着の種類や流行について, All rights reserved.